ルテインでブルーライト対策はできるの?

スマホやPCを長時間使用することが当たり前になり、ブルーライトの弊害が懸念されるようになっています。
目や体の健康に良くないと言われるブルーライトですが、一体どんなモノでどのように私たちに悪影響を与えるのでしょうか。
このページでは、ブルーライトへの対策を含めて説明していきますね。

そもそもブルーライトってなに?

人間が見ることの出来る可視光線の中で、最も波長が短くエネルギーの高い光がブルーライトです。名前は聞いたことがあるかもしれませんね。でも意外と知られていないのがその威力。紫外線の次に刺激が強いと言えば、その威力が伝わるでしょうか?

ブルーライトは自然光や蛍光灯からも発せられていますが、昨今私達の生活に欠かせない電化製品は白色LEDの光が大半を占め、その基になっている光は青と黄色をかけあわせたものなんですよね。
しかもTVのブラウン管に比べ、スマホやPCからはブルーライトが大量に発せられているんです。
そう、現代はまさにブルーライトを避けて生きていくことは難しい時代となったと言えます。

ブルーライトの悪影響とは?

ブルーライトでは、そんなブルーライトのなにがそんなに問題なのでしょうか?

最も刺激の強い紫外線は、大半が目の表面の角膜や水晶体で吸収されてしまいます。
これに対して可視光線であるブルーライトは、目の奥の網膜まで届いてしまうので、目にとっては紫外線より性質の悪い存在と言えるんです。

網膜に到達したブルーライトは活性酸素を発生させ、細胞を傷つけ老化を早めてしまいます。その結果として老眼を進行させたり、白内障や加齢黄斑変性症といった病気の原因にもなり得るんです。
また波長の短いブルーライトは、空気中のホコリや水分に当たり錯乱しやすくなるので、若干ブレてしまいます。目や脳はそれに対しピントを合わせようと働き続け、それが眼精疲労となっていくんです。

今って若年層を中心に、TVよりスマホを見る時間の方が圧倒的に多くなっていますよね?
なのでブルーライトの対策をしておかないと、そういった影響を若い内から受けることになり、様々な弊害が早くから表れてしまうリスクが高くなってしまいかねません。

ブルーライト対策方法は?

001身近なのにそんなにも危険なブルーライト。その対策はどのようにすればいいのでしょうか?

言うまでもなく、使用時間を短くすることがベストですが、仕事でPCやスマホを使っていると現実的には不可能なケースも多いですよね?
そこで、外部的な対策としてはブルーライトを軽減する眼鏡やPCにカットするフィルムを貼ると良いでしょう。
モニタによってはブルーライトを軽減する設定ができるものもありますし、その機能がなくてもブルーライトをカットしてくれるソフトもあるので、そちらをインストールしてみてもいいと思います。管理人の会社のPCにはそういったソフトを入れて、仕事中のブルーライトを極力少なくするようにしています。

これは外部からのブルーライトを抑制するのに効果的です、対して内面からブルーライト対策を行うのであれば、ルテインを摂取することがオススメです!
ルテインにはブルーライトのような有害な光を吸収・遮断する作用があるからなんです。

遮断しきれない光が細胞に到達しても、高い抗酸化作用で活性酸素化することを防ぐのもルテインの効能。
ルテインはケールやほうれん草に多く含まれ、ほうれん草なら大体100gで1日の必要量を摂取可能ですが、確実に毎日摂取するなら手軽に摂れるサプリメントの利用をオススメします。

投稿日:2016年8月16日 更新日:

Copyright© ルテインのおすすめサプリはどれ?価格や成分で比較するサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.